15分文学とNow I'm thinking about...

15分で書いた文章を時時載せてます、それからあとは心の声だだもれ日記

15分文学「拒否」

ぼくんちの近くにはきーちゃんが住んでる。

きーちゃんの口癖は、『んー、やだ』だ。

 

きーちゃん、公園行かない?

んー、やだ

きーちゃん、ブランコ乗ろうよ

んー、やだ

きーちゃん、アメ玉食べる?

んー、やだ

 

でも僕は知っている。きーちゃんが本当はいやじゃないこと。だからきーちゃんのヤダは、きーちゃんの、『イイよ!』なんだと思っている。

 

『きーちゃん、どーしていつもヤダヤダって言うの?』

 

ある日僕は聞いてみた。

 

『あのね、ヤダってちゃんと言える子にならなくちゃいけないの。強い女の子はね、ちゃんとヤダって言えるんだって。』

 

ふーん、と僕は言った。

 

それって、男の子なんだから泣かないの!って言ううちのママと同じ感じかな?と思った。僕はそんな事言われても、いやなことがあったら泣いちゃうけど。

 

『きーちゃん、すごいね。

いつもちゃんと、ヤダって言えてるね。』

 

僕がそういうと、きーちゃんは嬉しそうだった。

 

『今日もヤダって言えたよって、寝る前にパパに言うの!』

 

そう言ってきーちゃんはテッテコ帰っていった。

 

きーちゃんがそう言ったのを、きーちゃんのパパが聞いてたらイイのにって思った。そしたらきーちゃんは、イイよ!ってもっと言えるのにって、僕は思った。

 

それで僕はなんだかちょっとだけ悲しくなって、やっぱり男の子でも涙は出ちゃうよ、と思いながらほろりと泣いた。

 

僕はちょっとだけ泣いたこと、ママには言わなかった。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

15分文学

2017.4.17 テーマ「拒否」