15分文学とNow I'm thinking about...

15分で書いた文章を時時載せてます、それからあとは心の声だだもれ日記

15分文学「落とし方」

「良ちゃん、ダメ」

 

「静かに」

 

ねえ、良ちゃん、ダメ、だってば」

 

……

 

「本当に、ダメ」

 

信じないです」

 

「どうして?」

 

「本当にダメなら、ここに来ないでしょう」

 

……

 

「そうでしょう」

 

良ちゃん、酔っ払ってる?」

 

「だとしたら?」

 

ダメ」

 

「大丈夫ですよ、酔っ払ってるんで」

 

……余計ダメ」

 

「ちょっとだけです。いいからいいから」

 

「私……

 

「わかってます、ダメなんでしょ」

 

 

 

 

 

女の人を落とすのは、簡単だ。

 

いいなと思ったところを褒めて、かわいいと思ったところをかわいいと言って、

 

駆け引きしようなんて思わずに毎日こっちからバンバン連絡して、

 

二人で会う約束、なるべくはお酒が飲めるもの、を取り付けるだけ。

 

 

家で映画見よう、なんて誘いにのって来たらなおよし。

ありがとう、ネットフリックス。

 

あとは機を見て、好意が見えたら、押して押して押して押し倒す。

 

それだけだ。

 

 

酔っ払っているなんて自分で言うと、なおさらいい。

相手は、それならいいかも、と思ってくれる。

 

女の人はかわいい。

 

そんなつもりなかったのに、なんて言う。

 

そんなつもりなかったなんて言いながら、おしゃれしててきたな、とわかる。

 

そんなつもりなかったなんて言いながら、今日は泊まっても大丈夫、と匂わせてくれる。

 

 

でもそこはもちろん、そこを指摘なんかしない。

 

「そんなつもりあったくせに」なんて言わない。

 

そんなこと言う奴は、全然わかってないよね。

 

 

「そうだよねそんなつもりなかったのにね、ごめん」、でいい。

 

それでいいじゃない。

 

否定の言葉を弱々しく繰り返す彼女の首筋に噛みつきながら、

 

こらこらりょーちゃんまたですか、と自分で思う。

 

 

 

ここからはどんな沼が待っているのだろう。

なるべく浅いいといいな、人を無下にするのもされるのも好きじゃない。

 

 

確か彼女には、子どもがいたな。

 

 

良ちゃん、と呼ばれる度にぞくぞくする。

 

人は誰しも天邪鬼だね。悪人ほど善良な顔してるっていうし。

 

まあ、もう今はどうでもいいか。

 

 

 

女の人は情熱的だ。

どんな人も体の奥底で炎を滴らせている。

 

 

全部、舐めとらないともったいない。もう垂れてきてる。

 

 

先の不安でこれを無視するなんてできない。

 

そうやって、夜が溢れる。

 

 

私はいい名前もらったわ、といつも思う。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018.10.10 テーマ「落とし方」