15分文学とNow I'm thinking about...

15分で書いた文章を時時載せてます、それからあとは心の声だだもれ日記

15分文学「タオル」

「洗濯しといたから。」

 

 

差し出されたタオルは、鮮やかな緑色。明らかに僕のもの。

「この間の飲み会の後、忘れてたでしょう。」

 

そう言ってつっけんどんに渡されたけど、それは綺麗にたたまれていた。

 

 

その場で匂いを嗅ぎたい衝動にとらわれる。

 

 

「ありがとう」

 

 

「別に。渡してって、頼まれたから」

 

 

愛想のかけらもなくいう君の言葉の裏に隠れた気持ちを探りつつ、うなづく。

 

 

本当に全く気にしてないなら、洗ったりしなくていい、はず。

そんなこと思うのはエゴかもしれないけれど。

 

 

「なくしたと思ってた。気に入ってたから、よかった。」

 

かろうじて、そう言う。

 

 

 

「ヘビロテしすぎだよ。色褪せてきてるなって、干すとき思った」

 

 

 

 

そんなこと言われたら干している姿を想像してしまうし、昔死ぬほどしたピロートークを思い出してしまう。

 

真夏の夜にエアコンの効いた部屋で、一晩中細い腰が絡みついていた、あの夜。

 

 

やめてくれ、調子の乗ってしまうから。

 

 

 

転がしてた過去と違い、転されている今。悪くないけれど、悶々しすぎて困る。

 

男は昔の記憶を引きずるって言ってたのって誰だっけ。当たりすぎてて、困る。

 

 

君が僕のものだった、夜。

 

 

 

 

 

そんなこと思う自分にため息ひとつ。いや、ふたつ。

 

 

気分転換に入れたハイボールのグラスの中で、氷がカラン、と鳴って

僕を咎める。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017.8.4 15分文学 テーマ「タオル」