15分文学とNow I'm thinking about...

15分で書いた文章を時時載せてます、それからあとは心の声だだもれ日記

15分文学「水筒」

それは夏のとっても暑い日だった。

運動会の練習の真っ只中で、みんなグランドで汗を流していた。

 

右に直角に曲がる練習や、みんな揃ってハイ!っていう練習は少しも楽しくなくて、

早く家に帰ってアイス食べたい、と僕は思っていた。

 

ちょっとだけ気分が悪くなった、と先生に言うと、

「保健室に行っておいで」と背中を押された。

 

ガラガラガタンと大きな音がするから、保健室のドアは嫌いだ。

「大したことないなら、来ちゃダメだぞ」って言われている気がするから。

 

 

今日もガラガラガタンと僕を非難するみたいにドアが開くと、

「どうしたの?」中から天使みたいな雪先生が声をかけてきた。

 

僕はそれだけでちょっとドキドキして、

「ちょっと気分が悪くなった」やっとこさそういった。

 

「入っておいで」

 

そう言われて、トコトコ入り、ストンといつものソファに座った。

 

「お腹は痛い?頭は?朝ごはん食べた?」

 

僕は順に首を振り、最後の質問だけうなづいた。

 

 

「偉いね、約束守っている」

 

 

 

 

 

このあいだここに座ってた時は、朝ごはんを食べていなかった。

「ちゃんと食べてくるんだよ、今度は」と約束した。

 

「今日だけ特別ね、これを飲ませてあげる。」

あの日お腹が空いて気分が悪かった僕に雪先生はそういって、

クリーム色の水筒を差し出した。

 

「熱いから、気をつけてね」

 

 

お茶??と思って飲んだ僕は、中からトロっと濃厚なコーンスープが

出てきて、目が丸くなった。

 

 

「元気になった?」

 

 

大きくうなづいた僕を見て、「内緒ね」雪先生はそう言って、ふふふと笑った。

 

 

すぐにでも誰かに言ってしまいたかったけど、

言ってしまったらもう二度とあれは起こらない気がして

 

誰にも言えなかった。

 

 

 

 

 

「ちょっと寝ていっていいよ。外がきっと、暑すぎたんだね」

 

そういって雪先生先生カーテンをシャーと引くと、勢いで隣のカーテンに座っている

男の子が見えた。

 

僕よりずーっと小さくて、クリーム色の水筒を両手で握りしめて、

ベッドに座っていた。

 

僕と目があうと、慌てて目をそらし、水筒を後ろ手に回した。

 

僕はフニャっと、笑った。

そうするとその子は僕を不思議そうに見た。

 

 

 

「雪先生、僕大丈夫だよ。なんだか元気になった」

 

 

「あら、そう?」

「またいつでもおいでね」

 

 

そう言った雪先生は静かに、二つ分のカーテンをきちんと元に戻した。

僕はガラガラガタンとドアを閉じて、また暑い運動場に戻る。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

15分文学

2017.7.24 テーマ「水筒」