15分文学とNow I'm thinking about...

15分で書いた文章を時時載せてます、それからあとは心の声だだもれ日記

15分文学 「月」

 

「月が、とっても綺麗だったらしいんです。私が生まれた夜」


ガヤガヤとした居酒屋。

年に一度の会社の大宴会。


特に参加したい訳でもなかったけど、一年の節目だし、たまには人の近くで飲もうかなと思った。


から。

そんな理由で来た。

 


先月の移動で入ってきたその子は当たり前のよう僕の横に来て、気がついたらビールを注いでいた。

 

 


「あの。僕はいいですよ、他のもっと、何ていうか、偉い人に入れてあげて」

 

 


慌ててそう言うと、

 

 

「菅野さんも十分偉い人です。私からすれば」

と言われた。

 

 

そっか、と思った。

 

 


学生アルバイトとして入ったこの会社はいわゆるIT業界で、忙しい上に、残業も多かった。

 

 


同世代はたくさんいたけど、矢継ぎ早にやめていき、気付けば僕は多少偉いポジションになっていた。

 

 

「でも、本当に、僕はいいんです。人と話すのは、苦手なので」

 

 


ついつい本音が出る。


「そんなこと言われると、逆に困っちゃいます」

 


そう言って彼女は、トスンと座った。

 

 


そうか、困るのかと思い、僕は黙っていた。

 

 


困られるのは、苦手だ。
僕の方がよほど困る、といつも思う。

 

 

 

そして僕が黙っていれば、大抵いつも相手が勝手に解決してくれるから、余計に黙る。

 

 

そんな自分をズルいなとおもって、別の理由で僕はまた、困る。

 

 


そんなことの繰り返しだから、いつもは一人で飲むのだ。

 

自分一人で手一杯で、他者を入れる余裕がない。

 

 

 


那覇の病院で生まれたんです。それで月が綺麗だったから。那月。」

 

「‥‥え?」

 

 

 


そんなポトリと隔離された僕と世の中の間に急に入ってきた彼女に、パコンと殴られたような気分だった。

 


そんな僕をよそに彼女は、ふふふと笑う。

 

 

 

「由来を一緒に聞くと、名前って忘れないんですって。菅野さん、知ってましたか」

 

 

ブンブンブンと首を振る僕の横で、彼女は続けた。

 

「今夜、満月なんですよ。とっても綺麗で。こんな夜は、自分の生まれた日の月ってこんな感じだったのかななんて想像したりするんですけど。でも実際は、満月なんかじゃなくて、三日月だったんですって。」

 

ちょっとがっかりしたんです、初めてそれ聞いた時。

 

そう言ってまた彼女は、ふふふと笑った。

 

 


そして僕はただただ、ほうほうほうとうなづきながら、どこかでカシャン、とエンターが押される音を聞いた。

 


そんなこと、26年生きてきて初めてだった。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

15分文学 テーマ「月」
2018.2.22

15分文学 「気がのらないことをする」

 

「書いた?見せてよ」

言われてわたしのリストを差し出した。

 

1、車を運転すること

2、歴史の本を読むこと

3、ハーゲンダッツの抹茶を食べること

4、夜早めに寝ること

5、炭酸水を飲むこと

6、海に行くこと

7、つまみを作ること

8、犬と遊ぶこと

9、テトリスすること

10、トイレを掃除すること

 

「そっちのも見せてよ」

そういって私もしょーたんのリストを受け取る。

 

1、朝は10時まで寝る

2、水曜の夜のテキーラショット

3、新しいもふもふの毛布

4、辛口のカレーを食べる

5、デンタルフロス

6、笑顔の写真を撮る

7、燃えるゴミの日のゴミ捨て

8、タバコミュニケーション

9、新しいパソコンでの動画編集

10、古本の整理

 

「なにこれ?燃えるゴミの日のゴミ捨て?」

「そっちこそ。トイレ掃除そんなに好きだっけ?」

 

そういって互いにわらう。

 

一緒にいるようになって8年。

いまでもお互いの知らないことがあるのはいい。

 

私たちは定期的に、最新の好きなことをリストにして交換する。

それは裏を返せば、相手の好きじゃないことのリストになる。

 

「嫌いなことを聞くよりも、好きなことを聞く方がいいから」

 

しょーたんがそう言ってこれを始めた時はなんだかぎこちなかったけど、今はこのリストを見て、

私はカレーを中辛から辛口に変える。

 

長く一緒にいようとも、気が乗らないことを説明するのは難しい。

でもそれは方法を変えれば、ちょっとだけ楽しい。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018.01.02   テーマ「気がのらないことをする」

 

15分文学「憤り」

「なんでこの人こんなに面白くない話しかできないんだろう。」

 

 

そう思う相手はだいたい中年のちょっとえらい立場のおじさんか、

 

もしくは自分のことをいけてると思ってる若手の男性だ。

 

 

こっちが聞きたくもない下ネタや、

自分の自慢話ばかり。 

 

 

もしくは、

「女とはこうあるべき!」

 


と昭和な価値観を意気揚々と持ち出してくる。

 

 

それだけでももう帰りたいのに、もっとガックリくるのは

 


そんな話題に飛びつく周りの男性だ。

 

 


俺は家ではなにもやらないだの、

もう嫁に欲情しないだの、

 

 


1つも自慢にならないことばかり。

 

 

自分の価値を自分で下げていることに

 

なぜ気づかないのか。

 


隠れてキャバに行ったことがどうしてそんなに面白いのか、

 

なぜ目の前にいる人の乳のサイズを冷やかしていいと思っているのか、

 

 


まっっっったく、解せない。

 

 

 


男が女より偉いと思ってるんだろうね。

 

 

 

私があんたのチンコのサイズを人前で笑ったら、どうする?

 


私があんたのセックスが下手すぎて気持ちよくないからもうセックスいらないって言ったらどうする?

 

 

 

 

 

人を下げて笑いされるのって、いやでしょう。

 

 

 

 

 

女はいつでも横でニコニコ笑ってると思ってたら大間違いよ!

 

 

 


てことで女性のみなさん。

反撃しようじゃありませんか。

 


こんな男性がのさばることができてるのは、
横で慎ましく笑う役割に、イヤイヤながらも徹している、私たちのおかげ。

 

 

 

反撃しましょう。

面白くない、と反旗を翻してみましょう。

 

 

男が男である、というだけで偉そうにするなんて、今2017年だよ、スーパーナンセンス。

 

 

性別にも恋にも価値観にも色々あるのに

 


古いものを古くからあるからというだけで良しとするの、

 

 

もうやめたい。

 


ダメなものはダメだし

ダサいものはダサい。

 

 

 

 

押し殺してhahahaと笑うの、やめよう

 

 

---------------------------------------------------

2017.8.22

テーマ「憤り」

15分文学「タオル」

「洗濯しといたから。」

 

 

差し出されたタオルは、色褪せた水色。明らかに僕のもの。

「この間の飲み会の後、忘れてたでしょう。」

 

そう言ってつっけんどんに渡されたけど、それは綺麗にたたまれていた。

 

 

その場で匂いを嗅ぎたい衝動にとらわれる。

 

 

「ありがとう」

 

 

「別に。渡してって、頼まれたから」

 

 

愛想のかけらもなくいう君の言葉の裏に隠れた気持ちを探りつつ、うなづく。

 

 

本当に全く気にしてないなら、洗ったりしなくていい、はず。

そんなこと思うのはエゴかもしれないけれど。

 

 

「なくしたと思ってた。気に入ってたから、よかった。」

 

かろうじて、そう言う。

 

 

 

「ヘビロテしすぎだよ。色褪せてきてるなって、干すとき思った」

 

 

 

 

そんなこと言われたら干している姿を想像してしまうし、昔死ぬほどしたピロートークを思い出してしまう。

 

真夏の夜にエアコンの効いた部屋で、一晩中細い腰が絡みついていた、あの夜。

 

 

やめやめ、もう昔の話なのに。

 

 

 

転がしてた過去と違い、転されている今。悪くないけれど、悶々しすぎて困る。

 

男は昔の記憶を引きずるって言ってたのって誰だっけ。当たりすぎてて、困る。

 

 

君が僕のものだった、夜。

 

 

 

 

 

そんなこと思う自分にため息ひとつ。いや、ふたつ。

 

 

ハイボールのグラスの中で、氷がカラン、と鳴って

 

調子にのるなよ、と咎められる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017.8.4 15分文学 テーマ「タオル」

15分文学「水筒」

それは夏のとっても暑い日だった。

運動会の練習の真っ只中で、みんなグランドで汗を流していた。

 

右に直角に曲がる練習や、みんな揃ってハイ!っていう練習は少しも楽しくなくて、

早く家に帰ってアイス食べたい、と僕は思っていた。

 

ちょっとだけ気分が悪くなった、と先生に言うと、

「保健室に行っておいで」と背中を押された。

 

ガラガラガタンと大きな音がするから、保健室のドアは嫌いだ。

「大したことないなら、来ちゃダメだぞ」って言われている気がするから。

 

 

今日もガラガラガタンと僕を非難するみたいにドアが開くと、

「どうしたの?」中から天使みたいな雪先生が声をかけてきた。

 

僕はそれだけでちょっとドキドキして、

「ちょっと気分が悪くなった」やっとこさそういった。

 

「入っておいで」

 

そう言われて、トコトコ入り、ストンといつものソファに座った。

 

「お腹は痛い?頭は?朝ごはん食べた?」

 

僕は順に首を振り、最後の質問だけうなづいた。

 

 

「偉いね、約束守っている」

 

 

 

 

 

このあいだここに座ってた時は、朝ごはんを食べていなかった。

「ちゃんと食べてくるんだよ、今度は」と約束した。

 

「今日だけ特別ね、これを飲ませてあげる。」

あの日お腹が空いて気分が悪かった僕に雪先生はそういって、

クリーム色の水筒を差し出した。

 

「熱いから、気をつけてね」

 

 

お茶??と思って飲んだ僕は、中からトロっと濃厚なコーンスープが

出てきて、目が丸くなった。

 

 

「元気になった?」

 

 

大きくうなづいた僕を見て、「内緒ね」雪先生はそう言って、ふふふと笑った。

 

 

すぐにでも誰かに言ってしまいたかったけど、

言ってしまったらもう二度とあれは起こらない気がして

 

誰にも言えなかった。

 

 

 

 

 

「ちょっと寝ていっていいよ。外がきっと、暑すぎたんだね」

 

そういって雪先生先生カーテンをシャーと引くと、勢いで隣のカーテンに座っている

男の子が見えた。

 

僕よりずーっと小さくて、クリーム色の水筒を両手で握りしめて、

ベッドに座っていた。

 

僕と目があうと、慌てて目をそらし、水筒を後ろ手に回した。

 

僕はフニャっと、笑った。

そうするとその子は僕を不思議そうに見た。

 

 

 

「雪先生、僕大丈夫だよ。なんだか元気になった」

 

 

「あら、そう?」

「またいつでもおいでね」

 

 

そう言った雪先生は静かに、二つ分のカーテンをきちんと元に戻した。

僕はガラガラガタンとドアを閉じて、また暑い運動場に戻る。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

15分文学

2017.7.24 テーマ「水筒」

 

15分文学「拒否」

ぼくんちの近くにはきーちゃんが住んでる。

きーちゃんの口癖は、『んー、やだ』だ。

 

きーちゃん、公園行かない?

んー、やだ

きーちゃん、ブランコ乗ろうよ

んー、やだ

きーちゃん、アメ玉食べる?

んー、やだ

 

でも僕は知っている。きーちゃんが本当はいやじゃないこと。だからきーちゃんのヤダは、きーちゃんの、『イイよ!』なんだと思っている。

 

『きーちゃん、どーしていつもヤダヤダって言うの?』

 

ある日僕は聞いてみた。

 

『あのね、ヤダってちゃんと言える子にならなくちゃいけないの。強い女の子はね、ちゃんとヤダって言えるんだって。』

 

ふーん、と僕は言った。

 

それって、男の子なんだから泣かないの!って言ううちのママと同じ感じかな?と思った。僕はそんな事言われても、いやなことがあったら泣いちゃうけど。

 

『きーちゃん、すごいね。

いつもちゃんと、ヤダって言えてるね。』

 

僕がそういうと、きーちゃんは嬉しそうだった。

 

『今日もヤダって言えたよって、寝る前にパパに言うの!』

 

そう言ってきーちゃんはテッテコ帰っていった。

 

きーちゃんがそう言ったのを、きーちゃんのパパが聞いてたらイイのにって思った。そしたらきーちゃんは、イイよ!ってもっと言えるのにって、僕は思った。

 

それで僕はなんだかちょっとだけ悲しくなって、やっぱり男の子でも涙は出ちゃうよ、と思いながらほろりと泣いた。

 

僕はちょっとだけ泣いたこと、ママには言わなかった。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

15分文学

2017.4.17 テーマ「拒否」

俵万智さんとメイクアメリカグレートアゲイン

ハロー!お久しぶりすぎます。アカイです。


トランプ大統領が次々に革命的な決断を(悪い意味でね)下していく毎日、


彼の名前をYahoo!ニュースでもBBCでも、見ない日はありませんな。


見たいわけではないんだけどね。皮肉。



そんな彼に関する言葉の一つ


「Make America Great again(メイクアメリカグレードアゲイン)」


これがどーにもこーにも頭をぐるぐるぐるっぐる回ってしょーがない!


誰かになんとかしてほしいレベル。



ぐるぐるぐる。



でも、そうやってこのことばを何度も何度も思っているうちに、なんだかむしろいいリズムに思えてきたから不思議。



メイクアメリカ  グレートアゲイン



まあでも、よく考えたら7・7の音。


要は日本人馴染みの短歌の下の句の音数。


こんな風に気になるのもしょーがないかー。



そんなこんなしてるうちに、脳内で突然、コラボが始まった。


ラブストーリーくらい、突然だった。


しかも大好きな俵万智さんの短歌との合体。


さあ行きましょう、勝手にしょータイム。


日米首脳短歌対談。



以下、トランプ(USA代表)と俵万智(日本代表)のコラボ作品。



------------------------------------


その1

「この味がいいね」と君が言ったからメイクアメリカグレードアゲイン



彼を思って作った手料理。特に手作りドレッシングをかけたサラダは力作。


ライムを5個も搾ったのよ。ちゃんと、手で」


私がそう言うと彼は、すぐに指ですくってペロッと舐めた後、「いいね」なんて微笑む。


それだけで心底幸せな気持ちになった。


このソース、常備できるの?すごく好きな味だけど」


そんなこと言われたら、すぐ取り掛かってしまう。

でも、一つ問題が。

ライムって常にあるものじゃないこと。


彼のために用意したくても、ライムがないならしょうがない。


どこの国なら一年中ライムが手に入るのかしら?」


そう聞いた私にグーグル先生は、


「メキシコだね」


そう答えた。



主な原産国メキシコでは、通年を通してライムが育っているから」


と、知恵袋先輩も言う。


「グレートね」私はつぶやく。


そしてそのライムを世界で一番輸入しているのは、アメリカだった。


「あらら。壁なんてできちゃったら、需要と供給に支障がでないかしら?サワーな結果にならなきゃいいけど。」


そんなことを思いつつ、私は楽天のショッピングカートの中の決算ボタンを押す。


私が頼んだメキシコ産のライムが届くのは、明後日の15時ごろらしい。


楽天だってかなりグレートだ。



その2

私にも秘密はあると思う午後メイクアメリカグレードアゲイン



朝一番にトイレであった同僚の咲ちゃんに、



「あのね、私今社内恋愛してるの。相手?絶対に秘密にしてよ!営業の、蓮さん。そう、あの蓮さんよ!でも、みんなには秘密なの、だってあの人、フィアンセがいるから〜!」



ああ秘密があるって辛いわ~!


なんてのたまいながら出て行った彼女の背中に向かって、 


私だって秘密の一つや二つくらいあるわよ!…そうよ、あるわよ」



なんて思いながら、


「給湯室にずっと置きっ放しにされてたマイセンのカップ、黙って持ち帰ったことも秘密になるかな」


私はそんなことを考えている。


テレビではどこかのグレートなManが、当たり前のようにウソをついていた。


「そうよ、彼にだって秘密はあるわよ。なんせalternative factsなんて言ってるんだから。そんなこと言ったら私だって、蓮さんのフィアンセは実は私でした!なんてもう一つの事実作っちゃうわ。ま、そんな嘘言いつづけたところで、私もアメリカもグレートにになれるかは、はなはだ疑問だけど」



私はそんな風に悶々しつつ、


「息抜きにトランプしません?昼休みだし」


なんて隣の杉本くんの誘いに、頷いている。



その3

贈られしシャネルの石鹸泡立ててメイクアメリカグレードアゲイン


「やだ、何もいらないって言ったのに。この年になると誕生日なんて、逆に苦痛なのよ」


電話口でそうは言うものの、プレゼントというものは、いくつになってもらっても、嬉しい。


シャネルなんて、若い頃なら高級ブランドということに心が躍ったかもしれない。



でも年を重ねた今は、シャネルがどうこうということではなく、石鹸を送ってくるという行為が、


あなたとセックスしたいから洗って待っててよ」


と言われているみたいでときめく。


そして自分が今ときめいた、という事実に驚く。

ふふふ私もまだ女でいたいのね、と。


石鹸なんて下心が見え透いてる、と昔なら思ったけれど。


今は素直に、欲望の対象に見られているということに興奮する。


アメリカから届いた石鹸。


めちゃくちゃに泡を立てて、洗って待っててやろうじゃないの。


そうやって私が泡立てたバブルが再びはじける時、私たちはどうなるのかしら。


なんにせよ、私がもう一度若くなることはないし、ボディコンももう着れない。


流行りは時代が流れたらもう一度回ってくるみたいだけど、一度衰えたものが再び素晴らしく輝くのは難しい。


それでも輝いていたいから、人はバブルを作りたがるし、それを支持したがるのかもしれないわね。


そう考えたら、政治も金融もセックスも、大差ない。


そんなことを思いながら、バスタブにお湯を溜めて、


彼女の指が私を這うのを想像して、桃色な吐息を一つ。



------------------------------------

ああ・・・。

素敵な短歌を無駄遣いしてしまった・・・・。


妄想癖を刺激される雨の日曜日。




大好きな俵万智さんの原文はこちらからどうぞ。


http://gtpweb.net/twr/sakuhin.htm